成人の八割がかかっているという歯周病

若い時は、気にならない身体の不調も年齢を重ねるごとに出てきます。

 

そうして、それは身体の部分だけでなく食生活に欠かせない口腔内にも表れます。

 

それは、歯茎がはれたり歯がしみるなど虫歯以外の症状も出てきます。

 

最近では、成人の八割がかかっているという歯周病です。

 

歯周病は、最後は歯が抜け落ちてしまう恐い病気です。
一度なると完治する事は、なかなか難しく現状を維持していく事が最善の方法と言われてます。
そんな恐い歯周病を、予防する歯磨き粉が販売されています。
歯周病以外の、お口のトラブルにも対処しており効果が期待できます。

???? Vol.43 ????????

 

やはり、年齢が高くなると口腔内の健康のためにも選び方は重要です。
どれが一番いいか自分では、わからない時は歯科医に相談すると症状に合うものを指示してもらえます。
大切にすれば、何年も使えるのが歯のいいところです。
いくつになっても、自分の歯で食事ができたならそれは身体の健康にも繋がります。

 

そうなるためには、定期検診を必ず受けて身体だけでなく口腔内の健康も維持する努力が必要です。

 

後悔しないためにも、毎日の積み重ねが大切な歯を歯周病から守ることができます。
今は、80歳で20本歯が、あるのが理想とされています。