口内の健康

歯ブラシの選び方に迷った時には、口の大きさや磨き方によって最適なものを選んでみるとよいでしょう。

 

まず、口が大きいという方は、大ぶりのものを選んでみるとよいです。

 

口が大きめの方は、ブラシ部分が大きめになっていても唇を傷つけることなく歯をブラッシングしていくことができます。
逆に口が小さめの方の場合、あまりにもブラシ部分が大きすぎると、口の端が切れてしまいますので、小ぶりのものを選んでみるとよいでしょう。

???? Vol.43 ????????

さらに選び方については、ブラシの硬さも重要になってきます。
力を入れてブラッシングしてしまう方の場合、あまりにブラシ部分が硬めであると、歯の表面を傷つけてしまいますし、歯茎からも出血しやすくなってしまいます。

 

歯の表面が削れてしまうと、二度と再生することはなく、冷たいものを食べたときにしみるようになってしまいます。
力を入れてブラッシングしがちな方の場合、柔らかめのブラシを使っているものを選ぶようにしましょう。
このように、歯の健康を守るためには、口の大きさや力の入れ具合に合わせて最適なものを選んでいく必要があります。
この点を守ることにより、歯や歯茎のトラブルを感じることなく、口内の健康を守れるようになります。